2007年11月19日

ドライバーのリニューアル

【そろそろ変え時】

ドライバーに練習の焦点を絞り始めてからほぼ1カ月。そろそろ今の格安ドライバー(ミスター・マックスで7千円で購入)を買い換える時期かなあとコーチに相談。ゴルフ

どこで買ったらいいか、どんなクラブがいいかなどアドバイスをいただいた。ひらめき

その結果、この練習場の専属ショップに飛んで行ってくれて、僕に最適のドライバーを紹介してもらった。

【わくわく】

それはダンロップのハイブリッドというクラブ。硬さはSとR、10.5と11.5のロフトの二種類を用意してもらった。ゴルフ

硬いほうはスライスしやすくなり、柔らかいほうがそれほどでもない。

ロフトが大きいほうがヘッドスピードがなくても当たりやすくなる。

もともとこのクラブはスライサー用のクラブだとのことで僕向きなのだが、それに加えて硬さとロフトが選択の決め手になる。

当たった感触はどちらも今のクラブよりも格段に良くて、音もいい。手(チョキ)

何度も試打した結果、現時点では少し易しいほうの柔らかいクラブにすることにした。むかっ(怒り)

来週はこの新しいクラブでまた挑戦だ!!! 頑張るぞ〜exclamation
posted by ラッキーメンタイ at 04:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

身体とクラブは逆の動き?

先生のスイング

【ドライバー指南】

先週に引き続き、今週もドライバーを練習のメインコースにして頑張りました。

というのも、三球のうち一球くらいはスライスせずにまともに飛ぶようになってきたからなのです。

「これはいける」・・・そう思って三週間近くドライバーに神経を集中するようにしたのです。

その僕の思いに応えるかのように先生も愛のムチでどんどん指導してくれました。

【本日のポイント】

そのドライバー指南のうち、本日のポイントは「身体とクラブが逆の動き」というものでした。何ですか、それ?

そう、それはスイングのときに腕と身体が逆方向に動くということなのです。バックスイングから振り下ろすときに手首と腕を左内側にひねってフォロースルーする。そのとき身体は右側にグイとひねる動作になります。

その両方の逆方向のヒネリがスイングに方向性とパワーを与えるというのです。

そしてゴルフのスイングは、この身体と手首・腕の動きが逆方向になることが、その極意というのです。

みなさん、わかりますか?僕はようやくその意味がわかってきました。あとは身体に覚えこませて自然とそのような動作になるように持って行くだけです。

ああ、ゴルフは難しい。
posted by ラッキーメンタイ at 18:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

フェイスと身体の開き

【ドライバー1本】

今日はレッスンに現れたのは3人。そのうち、この昼のコースの生徒は僕一人でした。

他の二人は他のコースの人みたいで一からコーチにレッスンを受けていました。

僕はというと、ドライバーの練習一本に絞ってひたすら頑張りました。

【フェイスと身体の開き】

先週のコーチの指導でドライバーに開眼した僕は当面ドライバー・スイングの改造に専念することにしたのです。

しかし、しかし、一週間経って再びやってみると、また、また大きくスライス・・・・・なんでかなあ。

コーチのアドバイス。「スライスするのは、フェイスが開いているか、身体が開いているかのどっちかです。」「フェイスを返すタイミングが球が当たった後になっているみたいです。もっとバックスイングのときから返してください」とのこと。

確かにアドバイスどおりやれば、ばっちり真っ直ぐ飛びました。

これが定着すれば100を切るのも夢ではないぞ。手(チョキ)

よーし、これからもひたすらドライバー・スイングの改造にまい進するぞ〜手(グー)
posted by ラッキーメンタイ at 16:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

目からウロコのドライバーショット

【目から鱗(うろこ)】

コーチの指導

今日のレッスンはまさに「目からウロコ」でした。ドライバーのスライスの原因がはっきりしたのです。

それは何だったのか?

【クラブの違い】

それはクラブのシャフトの長さの違いでした。そんなこと当たり前なのですが、知っているのとそれをキチンと自分のスイングの中で把握してスイングを改善できるかどうかは全く別物です。

僕もアイアンとドライバーのシャフトの長さが違うことは知っていましたが、「それがスライスとどう関係あるの?」と思ってました。

皆さんはよくご存知なのでしょうが、僕はわからなかった。

今日のコーチのレッスンはその一点に集中しました。手(グー)

【シャフトの長短】

アイアンはシャフトが短いので大人だとシャフトが立つ。したがって、バックスイングは頭の上あたりにクラブのシャフトが来てもスライスしません。ゴルフ

しかし、シャフトが長いドライバーはアイアンと同じように頭から振り下ろせば当然球は大きくスライスするのです。

そんなこと考えれば当たり前なのですが、無意識にドライバーもアイアンも同じスイングをしていたのです。

すなわちバックスイングの際は、シャフトは自分が思っているより相当低くなるのです。これは驚きでした。

そしてコーチの言うとおり、バックスイングでクラブを低くもっていくとスライスしないではありませんか!!! うれしかったですね。わーい(嬉しい顔)

シャフトの長短にあわせてスイングを変える。当たり前のことが今日よ〜くわかりました。目からウロコでした。ひらめき

これからはドライバーの練習が楽しみになりました。
posted by ラッキーメンタイ at 15:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

クラブの構え方

【コーチが違う?】

今日も懲りずにゴルフレッスン。午後1時。いつものコーチかと思ったら、今日はいつものコーチは所用で来られず、別のコーチが初めて来られました。レッスンの生徒は3人。日曜日の午後1時から2時半と時間帯が時間帯なので生徒は少なく、それだけ少人数でしっかりと教えてもらえるのがいいですね。そして別のコーチにスイングを見てもらうのもいいのかも知れません。わーい(嬉しい顔)

【身体の開き】

そのレッスンのポイントは?身体が開いてスライスするのを防ぐための練習方法でした。

僕のスイングはどうしてもアウトサイド−インになりがちで、しかも振り遅れによるダフリやらトップが多いとのこと。

それを直すためには、インサイド−アウトに意識的に持っていき、トップからすぐに手首のコックを利かせて振り下ろし、ボールを叩きつけるようなスイングをすること。
練習方法としては、両足をくっつけてやると左足が軸足になってスイングに集中できるとのことでした。さっそくやってみました。

そしてもうひとつ。スイングの構えの際、両腕が突っ張って硬くなっているのはよくないとのことでした。

これもボールの手前にクラブヘッドを持ってきて、エッジが手前から半分くらいが地面に少し接し、トウが少し浮き上がる程度に構え、シャフトと腕は130度くらいの角度になっているのがいいとのことでした。・・・・知らなかったなあ。がく〜(落胆した顔)

これからは今日習ったことに注意して練習しよう!!


posted by ラッキーメンタイ at 07:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

瞬発力の差

【昨日のゴルフ結果】

今日のレッスンの反省の前に昨日のゴルフ結果をお知らせします。

福岡市から50分程度車で行った冷水峠近くにある夜須高原カントリー倶楽部。ここにプライベートゴルフに出かけました。ゴルフ

回ったのは南−西のコース。REGULARのCOURSE RATEで69.6、74.7。僕のスコアは58、57で115でした。あんまり良くはないけど前回芥屋ゴルフで130も叩いたので、まあ進歩したとしましょう。手(チョキ)

それにしても相変わらず空振りあり、シャンクありで恥ずかしい限りでした。がく〜(落胆した顔)唯一、ドライバーが大きくスライスしなかったのは救いでした。

【昨日の反省に立って】

そして迎えた今日のレッスン。真っ先にコーチに、「まだまだスライスやダフリでうまくいきません」と素直に教えを請いました。

その答え。「飛球線は斜め右方向をキープして、バックスイングからインパクトの早い段階でコックを利かせてグイと瞬発力を出す。そしたらやや右方向にボールが飛び、フック気味に弧を描くドローボールとなる。それができるようになるまでひたすら練習あるのみです。」とのアドバイス。

言うは易しですが・・・・なかなかそうならないから苦労しているのです。ハイ。

でもコーチの言うとおりです。まだまだコックが利いてない。身体が開く。身体がスイングよりも先に回っている。まだまだ発展途上もいいところです。

ひたすら練習。それしかないですね。ああ、ヘボゴルフ。神様、いつ僕は100を切れるんでしょうか?
posted by ラッキーメンタイ at 18:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

地獄からの生還

【地獄のゴルフ録】

芥屋ゴルフ場9月24日(月)にKBCオーガスタが毎年行われる芥屋ゴルフ場に行って来ました。果たして結果は?前回が103。思いもかけない練習の成果で・・・もしかしてまた100前後かもとの期待もあったのですが・・・なんと結果は無残な131。

アウト(大門コース) 8、8、6、9、6、5、6、5、7で60
イン(小富士コース) 11、7、4、12、5、11、6、5、10で71

まさに地獄のゴルフ録というか、まったくいいとこなしで終了。

ご一緒させていただいた3先輩からは、「頭がブレてる」、「力み過ぎ」、「フェースをかぶせ過ぎ」などなど、やさしいアドバイスが飛び交い、ますます混乱の度を深めてしまったのです。

ああ〜、ヘボゴルフ、ここに極まる!!! 一体、この4ヶ月の練習はナンだったのかと落ち込んでしまいました。

【クロスする?】

そして迎えた本日のレッスン。真っ先にコーチに報告。「まったく駄目でした。一体、なぜ?」

「両手を前に出して」・・・んんん、何ですか、それ。

「ボクシングのパンチをやってみて」

「両腕とも真っ直ぐに打つ方がいいですか、それともクロスして打つ方がいいですか?」

どっちかというと、「クロスの方がいいかも」・・・と答えたところ、「そのとおり、クロスの方がゴルフもうまくなるのです」

そう、ゴルフのスイングも腰から下と上、肩がクロスするのがいいのです。それを身体でわかるには半年から1年とかかかるのだそうです。

身体で覚えるためには、じゃどういう練習をしたらいいか?

【ひたすら半歩さがって球に向かっていく】

070916ゴルフ練習001.jpgそれは、今までも何度も教わった練習。すなわち、右足を半歩引いてつま先に重心が乗るように前に、前に、ボールに向かっていく。

それしかないのです。身体の重心はテークバックからフォロースルーまでつま先に行くように心がける。

あせらず、ひたすらその練習を繰り返す。あわてず、騒がず・・・・ああ、まだまだ道のりは遠いです。(ため息)
posted by ラッキーメンタイ at 15:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ゆるいグリップ

【直らないスライス】

昨日もゴルフレッスン。もう4ヶ月が終わろうとしているのに未だスライスが直らない。

少しあせりも見え始めてきたヘボゴルファーでした。

そんな中、コーチに言われたとおり左手での素振りを練習していたところ、「ちょっとやり方が違いますね」。

えっ、どういうこと?

【手首のコック】

コーチ曰く、「左手が伸びたままスイングしてはだめ。この練習はゆるくていいから、左手の手首のコックを利かせることが大事なんです。」とのこと。え〜、知らなかった。

そしてもうひとつ。「グリップが硬い。グリップはゆるゆるなんです。そんなに握りしめていると身体が開いたり、スライスしたりします。」
驚愕のアドバイス!! そんなことだったのか・・・・知らなかった。

【軟体動物のように】

スイングはあくまで柔らかく、大きくしないと球は飛ばない。そのためにはグリップも柔らかく握るのが基本なのです。納得。

ついでにコーチによると、プロは試合中に5枚も10枚も手袋を用意して次々と代えていくとか。そうすることで柔らかいグリップでも滑って硬くならないようにするとのこと。それほどグリップは大事なのです。

ゴルフではゴルファーとクラブが接するグリップと、地面とゴルファーが接する靴は特にプロが気を使うところ。したがって、できるだけいいものを使うのだそうです。

ゴルフはホントに奥が深いなあ。
posted by ラッキーメンタイ at 05:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

左足に重心を!!!

【硬いスイング】

土曜日の早朝練習に勇んで行ったら、先輩に会いました。そこで待っていたのは、「教育的指導」。下手なゴルファーを見つけたら、教えたくなる人がそこら中にウヨウヨしているのです。

その先輩の練習仲間が近くに寄ってきて、僕の後ろでスイングを「観察」すかさず、「身体が硬いねえ。」「身体が曲がっていないねえ」とアドバイス。

確かに僕のスイングは腕で打っている、硬いとは思ってましたので、仰るとおりと納得でした。

しかもアドバイスの仕方もうまくて、まあ指導を受けるのも修行のうちと快く生徒になりきりました。

【本物のアドバイス】

しかし、それで終わっていては人のアドバイスを聞くたびに自分のスイングがばらばらになってしまいます。早速、本日のレッスンでコーチに質問。

「昨日、『先輩に身体が硬いからスライスする』と言われました。どうしたらいいですか。」

その一言で、コーチの的確な本物の指導が始まりました。

今回のポイントは、「左足に重心を」です。

どうしても重心が左に移動しないまま打つので、素人は身体が開いてスライスやダフリになってしまうのです。

070916ゴルフ練習001.jpg

その矯正のための道具として長さが普通の半分以下しかないアイアンで練習。このアイアンでしっかり150メートル以上飛ぶようになればちゃんと重心が左に移動してスライスやダフリがなくなるとのこと。(写真にあるようなクラブです。練習方法としては、左足に重心を置くために、右足は少し後退させて打ちます。普通のクラブでもかまいません)

確かに、こんな短いアイアンで打つのは至難の業でしたが、少しずつ慣れてきました。ゴルフスクールではこのような練習を1年させるそうです。

【まだまだ先は長い】

考えてみれば、重心が左に移動していないというのはわかっていたのですが、それがそんなに重大なこととは思っていませんでした。やはり、優秀なコーチについてアドバイスを受けないと、何の考えもなしに練習しても上達はおぼつかないと知りました。

地道に、コツコツと練習する。それしか100を切るための道はないようです。さあ、明日からまた頑張ろう!!
posted by ラッキーメンタイ at 18:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

球を呼ぶ込む?

【一夜明けて】

昨日のコンペでの目標達成の後のレッスン。まだ興奮冷めやらない中で、コーチに先ずはお礼。わーい(嬉しい顔)

さあ、気持ちを引き締めて新たな目標に向かってレッスン受講だ!!!手(チョキ)

と、案の定、昨日の好調なドライバーの当たりはいずこへ・・・またしてもスライスのオンパレードです。がく〜(落胆した顔)

なんでこうなるんだろう?ゴルフは本当に難しいです。その難しさのひとつがコーチの言う腰の使い方。腕とクラブの振りが先ず動いて、後から腰と体全体がついてくるのが正しいスイングなのに、どうしてもそうならず腰と体が先走り、腕とクラブの振りが後になって開いてスライスになってしまうのです。

【球を呼び込む】

そこで再びコーチに質問しました。「腰をどう動かすのかわかりません。もう一度教えてください」と。exclamation&question

タイガーのドライバーショット
そしたら今回は今までとは違う答えが返ってきたのです。それは「球を呼び込む」ということ。

スイングの下手な人は、バックスイングからフォロースルーまで腕が伸びきって、硬くなっているのでどうしても体が開く。

うまくなるには、球を十分に呼び込んでから打ち込むことだというのです。そのために、バックスイングの時には腰は右下を向き、肩が十分に入り込み、球が「呼び込まれてから」インパクト、フォロースルーに至るというのです。

(このタイガーウッズの写真を見ても、バックスイングで手首とクラブが直角になり、十分に頭の後ろまで回って、腰の角度は右斜め下方向になっているのがわかるでしょう。そしてインパクトからフォロースルーの動きを見ると、腕とクラブが先行して体は後についてきているのがわかります。これがプロのスイングなのです。)わーい(嬉しい顔)

「球を呼び込む」というのは、球を使うスポーツではみんな同じ。野球のピッチャーもテニスプレーヤーもバスケットの選手もサッカー選手もみんな球を十分引き付けてから打つのです。まさに球と一体になったプレー。

柔軟な体で無になって球を呼び込む。これこそが上手・下手の分かれ目。なるほどなあ。参りました!!!ひらめき

【日々欠かさない練習】

そしてもうひとつ、コーチのアドバイス。左肩が入り、安定したスイングが出来るようになる最も効果的な練習は、左手で一本でのスイングを繰り返すこと。そうすることで、球を呼び込む安定したフォームのイメージを作り上げることだそうです。一セット10回を毎日三セット必ずやること。

よーし、また頑張るぞ。新たな目標である98のスコアに向かって明日から片手打ちだ!!!手(グー)
posted by ラッキーメンタイ at 19:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。