2008年01月14日

ドローボールが本道!

【次のステップ】

今日のレッスンから次のステップに進む最初の日となりました。進歩しているのかどうかはわかりませんが、次のステップに進めるというのは励みになりますね。わーい(嬉しい顔)

ドローボール

次のステップとは「ドローボール」です。コーチ曰く、「ゴルフスイングの本道は、右から左に弧を描いて飛ぶドローボールです。これが自由自在に打てるようになって完成ですので、いよいよそのステップに進みましょう」とのこと。少し嬉しくなりました。

【しかし、道は遠く】

しかし、道は果てしなく遠いのです。土曜日の夕方、この練習場でドライバーの練習をしていたのですが、いつものようにスライスばかり。それを今日のレッスンの最初にコーチに伝えたところ、また身体が引き気味になって後退しているのでどうしてもスライスになりがちだと指摘されました。なんのことはない、練習を始める前からの癖が直っていないのです。

そして、ひたすら前に、前に打つ練習。バックスイングのときは左肩を出来るだけ落として、深く右奥までクラブを振り上げインパクトに持っていき、そしてフォロースルーは「前に、前に」です。難しい。ちょっと油断すると直ぐに元の木阿弥。スライス続出です。ああ、道は遠いなあ。がく〜(落胆した顔)

ひとついい練習を教わりました。それは頭がぶれないようにする練習。クラブを肩に担いで首から上の頭がぶれないように左右に振る練習です。

【ドローボールのイメージ】

そして来週からのドローボールのイメージを最後に教えてもらいました。それはバックスイングから振り下ろすタイミングで、左足のカカトをつま先を軸にして30度くらい左に動かし、そのまま固定してスイングするのです。そうすると自然と身体が左足が重心になり、ボールは右から左に飛んでいくドローボールのイメージに近くなるのです。よし、来週からはドローボールだ。がんばるぞ!!!手(グー)

posted by ラッキーメンタイ at 09:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

初練習

先生のスイング

【ぽかぽか陽気での初練習】

今日は年が明けて初めての練習でした。ポカポカ陽気晴れの中、生徒は3人。いつもの女性ともう一人は初めてと思しき初老の男性。わーい(嬉しい顔)

1時きっかりに先生が来てスタートしました。ゴルフ

二週間全くクラブを振っていなかったので、元に戻っているのではとの不安を抱きつつ初スウィング。思ったより好調で爽快でした。るんるん

【基本は同じ】

今日も相変わらずというか、前に前に出て踏み込んで打つ練習をひたすら続けました。

そうすると、結構スライスせずにいいスイングが出来るのです。おみくじも大吉だったし、今年は縁起がよさそうです。

しかし、油断すると直ぐに左に行ったり、右に行ったりします。

すかさず、コーチからアドバイス。

「膝を突っ込むか、引くかでスイングが決まります。膝を引けばスライス、突っ込んでいけばいいスイングになるのです。これが基本。ドライバーもアイアンも基本は同じです。」

仰るとおり。今年も基本をマスターするためがんばります、コーチ。
posted by ラッキーメンタイ at 22:00| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

アプローチショット

【今年最後のレッスン】

12月23日は今年最後のレッスンとなりました。参加した生徒は僕と30代と見える男性の二人でした。

その人はドライバーにしてもアイアンにしても結構、型が決まってきていてよく飛んでました。

僕はというと相変わらず、ドライバーはちょっと油断すると右に大きくスライスするか左に大きくフックするか。ああ、まだまだ先は長いです。

でも、今年6月に始めたゴルフレッスン。ちょうど半年通いましたが、それなりにドライバーも当たるようになり、やっぱりレッスンを受けてよかったとコーチに感謝しています。

【アプローチショットの指南】

ということで、日曜日は翌日のゴルフラウンドに備えてアプローチショットを習うことにしました。

50ヤードくらいまでのアプローチはサンドウェッジを使うといいとのこと。これは知らなかったです。

アイアンのヘッドが右足の踵のところに来るようにして、スイング。基本的には身体がのけぞらないようにショットするのですが、ドライバーと同じですね。アプローチショットとドライバーがうまくいくようになればゴルフは相当上達した証拠とのこと。

まさにそのとおりでした。月曜日にゴルフに行ってすかさず実践しましたが未だ思ったとおりにはできませんでした。しかし、それでも大分改善しました。

スコアはアウト57、イン57でトータル114.また来年がんばろう!!!こんどは100〜105を目指すぞ!!!
posted by ラッキーメンタイ at 18:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

シコを踏んで下半身強化

【土曜日のラウンド】

12月15日はプライベートゴルフに福岡雷山ゴルフに出かけました。8時33分スタートだったのですが、例によって7時20分ころにはゴルフ場に着いて練習場で練習。ゴルフゴルフ

ドライバーの当りはそれなりによく、これで勝負に臨めば100〜110くらいではいけるだろう。そういう期待感でいざ出陣!!

結果は? アウト12ホールでショートホール、バーディという金星付でイン53、アウト52のトータル105。ようやく人とラウンドしてあまり恥ずかしくないスコアになってきました。

しかし、不満もいっぱい。特に後半はあのバーディ以外はドライバーが全く当たらず、ボールの頭を叩いたり、ダフリの連続。

【レッスンで矯正?】

そんな土曜日のラウンド結果をコーチに話したところ、三人の生徒を前に熱心な講義が始まりました。

「ひととおり、みんな打てるようになってきたので、ここでアドバイス。」「みんな腰が安定していない。腰の骨のあたりでダウンスイング時とフォロースルー時にしっかり腰でブロックが出来ていないと球はまっすぐに飛ばないのです。」

「特に中高年になると、ラウンドの後半になると体力がついていかなくなり身体が開いてくるのです。」「だから腰が出来てないと直ぐにヘッドアップやらダフリの連続となるのです。」


ではどういう練習でそれを防ぐか。

ひとつは相撲のシコを踏むようなポーズで、クラブを短く持ってスイングすること。

もうひとつは、右足を引いてスイングすること。

そうすることで背骨の軸が出来て、腰とともにスイングが安定するのです。

なるほど、わかるけど相当練習が必要みたいです。精進、精進。わーい(嬉しい顔)
posted by ラッキーメンタイ at 21:02| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

バンカーショット

【今年も終盤】

バンカーショット

今年もあと3週間ほどになってしまいました。ゴルフをレッスンプロに習い始めてからすでに7ヶ月目に突入し、そろそろ成果も期待し始めた今日この頃です。

しかし、現実はそう甘くなく昨日のコンペでは、なんと124も叩いてしまいました。なんの進歩もなしか。がく〜(落胆した顔)

特にグリーン周りやバンカーショットでミスばかり。考えれば当たり前です。そんなショットはほとんど習ってませんでした。

【バンカーショットのポイント】

そこで本日は生徒がたった二人だったので練習場脇のバンカーでバンカーショットを習うことにしました。そのポイントは?手(チョキ)

1.先ず手前の砂にラインを引いて、ラインの真上の砂を目標に手前からショットしてみること。それがダフることなく出来るようになるのが先ず基本。

2.次に足とボールの位置は三角形になるようにポジィションを取る。フェースは開いて、クラブは体の向きと平行に振り抜くこと。普通のショットでは駄目。フェースの開き具合はどれくらい球を上に上げるかで違ってくる。

3.練習はバンカーのダウンサイドでやるのがいい。斜面がアップしているところに球があるときは出やすいが、斜面が下がっているところにある球を打つのが難しいから。

4.砂はきちんと整地してから練習すること。凸凹だと練習にならない。

と、言ったところでした。プロでもバンカーの練習に一日費やす人もいるとか。それほど集中してやんないとなかなか旨くならないもの。

ましてや「失敗するのでは?」とビクビクしてたらミス間違いなしです。ああ、先は長いなあ。ふらふら
posted by ラッキーメンタイ at 04:48| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ドライバーのリニューアル

【そろそろ変え時】

ドライバーに練習の焦点を絞り始めてからほぼ1カ月。そろそろ今の格安ドライバー(ミスター・マックスで7千円で購入)を買い換える時期かなあとコーチに相談。ゴルフ

どこで買ったらいいか、どんなクラブがいいかなどアドバイスをいただいた。ひらめき

その結果、この練習場の専属ショップに飛んで行ってくれて、僕に最適のドライバーを紹介してもらった。

【わくわく】

それはダンロップのハイブリッドというクラブ。硬さはSとR、10.5と11.5のロフトの二種類を用意してもらった。ゴルフ

硬いほうはスライスしやすくなり、柔らかいほうがそれほどでもない。

ロフトが大きいほうがヘッドスピードがなくても当たりやすくなる。

もともとこのクラブはスライサー用のクラブだとのことで僕向きなのだが、それに加えて硬さとロフトが選択の決め手になる。

当たった感触はどちらも今のクラブよりも格段に良くて、音もいい。手(チョキ)

何度も試打した結果、現時点では少し易しいほうの柔らかいクラブにすることにした。むかっ(怒り)

来週はこの新しいクラブでまた挑戦だ!!! 頑張るぞ〜exclamation
posted by ラッキーメンタイ at 04:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

身体とクラブは逆の動き?

先生のスイング

【ドライバー指南】

先週に引き続き、今週もドライバーを練習のメインコースにして頑張りました。

というのも、三球のうち一球くらいはスライスせずにまともに飛ぶようになってきたからなのです。

「これはいける」・・・そう思って三週間近くドライバーに神経を集中するようにしたのです。

その僕の思いに応えるかのように先生も愛のムチでどんどん指導してくれました。

【本日のポイント】

そのドライバー指南のうち、本日のポイントは「身体とクラブが逆の動き」というものでした。何ですか、それ?

そう、それはスイングのときに腕と身体が逆方向に動くということなのです。バックスイングから振り下ろすときに手首と腕を左内側にひねってフォロースルーする。そのとき身体は右側にグイとひねる動作になります。

その両方の逆方向のヒネリがスイングに方向性とパワーを与えるというのです。

そしてゴルフのスイングは、この身体と手首・腕の動きが逆方向になることが、その極意というのです。

みなさん、わかりますか?僕はようやくその意味がわかってきました。あとは身体に覚えこませて自然とそのような動作になるように持って行くだけです。

ああ、ゴルフは難しい。
posted by ラッキーメンタイ at 18:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

フェイスと身体の開き

【ドライバー1本】

今日はレッスンに現れたのは3人。そのうち、この昼のコースの生徒は僕一人でした。

他の二人は他のコースの人みたいで一からコーチにレッスンを受けていました。

僕はというと、ドライバーの練習一本に絞ってひたすら頑張りました。

【フェイスと身体の開き】

先週のコーチの指導でドライバーに開眼した僕は当面ドライバー・スイングの改造に専念することにしたのです。

しかし、しかし、一週間経って再びやってみると、また、また大きくスライス・・・・・なんでかなあ。

コーチのアドバイス。「スライスするのは、フェイスが開いているか、身体が開いているかのどっちかです。」「フェイスを返すタイミングが球が当たった後になっているみたいです。もっとバックスイングのときから返してください」とのこと。

確かにアドバイスどおりやれば、ばっちり真っ直ぐ飛びました。

これが定着すれば100を切るのも夢ではないぞ。手(チョキ)

よーし、これからもひたすらドライバー・スイングの改造にまい進するぞ〜手(グー)
posted by ラッキーメンタイ at 16:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

目からウロコのドライバーショット

【目から鱗(うろこ)】

コーチの指導

今日のレッスンはまさに「目からウロコ」でした。ドライバーのスライスの原因がはっきりしたのです。

それは何だったのか?

【クラブの違い】

それはクラブのシャフトの長さの違いでした。そんなこと当たり前なのですが、知っているのとそれをキチンと自分のスイングの中で把握してスイングを改善できるかどうかは全く別物です。

僕もアイアンとドライバーのシャフトの長さが違うことは知っていましたが、「それがスライスとどう関係あるの?」と思ってました。

皆さんはよくご存知なのでしょうが、僕はわからなかった。

今日のコーチのレッスンはその一点に集中しました。手(グー)

【シャフトの長短】

アイアンはシャフトが短いので大人だとシャフトが立つ。したがって、バックスイングは頭の上あたりにクラブのシャフトが来てもスライスしません。ゴルフ

しかし、シャフトが長いドライバーはアイアンと同じように頭から振り下ろせば当然球は大きくスライスするのです。

そんなこと考えれば当たり前なのですが、無意識にドライバーもアイアンも同じスイングをしていたのです。

すなわちバックスイングの際は、シャフトは自分が思っているより相当低くなるのです。これは驚きでした。

そしてコーチの言うとおり、バックスイングでクラブを低くもっていくとスライスしないではありませんか!!! うれしかったですね。わーい(嬉しい顔)

シャフトの長短にあわせてスイングを変える。当たり前のことが今日よ〜くわかりました。目からウロコでした。ひらめき

これからはドライバーの練習が楽しみになりました。
posted by ラッキーメンタイ at 15:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

クラブの構え方

【コーチが違う?】

今日も懲りずにゴルフレッスン。午後1時。いつものコーチかと思ったら、今日はいつものコーチは所用で来られず、別のコーチが初めて来られました。レッスンの生徒は3人。日曜日の午後1時から2時半と時間帯が時間帯なので生徒は少なく、それだけ少人数でしっかりと教えてもらえるのがいいですね。そして別のコーチにスイングを見てもらうのもいいのかも知れません。わーい(嬉しい顔)

【身体の開き】

そのレッスンのポイントは?身体が開いてスライスするのを防ぐための練習方法でした。

僕のスイングはどうしてもアウトサイド−インになりがちで、しかも振り遅れによるダフリやらトップが多いとのこと。

それを直すためには、インサイド−アウトに意識的に持っていき、トップからすぐに手首のコックを利かせて振り下ろし、ボールを叩きつけるようなスイングをすること。
練習方法としては、両足をくっつけてやると左足が軸足になってスイングに集中できるとのことでした。さっそくやってみました。

そしてもうひとつ。スイングの構えの際、両腕が突っ張って硬くなっているのはよくないとのことでした。

これもボールの手前にクラブヘッドを持ってきて、エッジが手前から半分くらいが地面に少し接し、トウが少し浮き上がる程度に構え、シャフトと腕は130度くらいの角度になっているのがいいとのことでした。・・・・知らなかったなあ。がく〜(落胆した顔)

これからは今日習ったことに注意して練習しよう!!


posted by ラッキーメンタイ at 07:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

瞬発力の差

【昨日のゴルフ結果】

今日のレッスンの反省の前に昨日のゴルフ結果をお知らせします。

福岡市から50分程度車で行った冷水峠近くにある夜須高原カントリー倶楽部。ここにプライベートゴルフに出かけました。ゴルフ

回ったのは南−西のコース。REGULARのCOURSE RATEで69.6、74.7。僕のスコアは58、57で115でした。あんまり良くはないけど前回芥屋ゴルフで130も叩いたので、まあ進歩したとしましょう。手(チョキ)

それにしても相変わらず空振りあり、シャンクありで恥ずかしい限りでした。がく〜(落胆した顔)唯一、ドライバーが大きくスライスしなかったのは救いでした。

【昨日の反省に立って】

そして迎えた今日のレッスン。真っ先にコーチに、「まだまだスライスやダフリでうまくいきません」と素直に教えを請いました。

その答え。「飛球線は斜め右方向をキープして、バックスイングからインパクトの早い段階でコックを利かせてグイと瞬発力を出す。そしたらやや右方向にボールが飛び、フック気味に弧を描くドローボールとなる。それができるようになるまでひたすら練習あるのみです。」とのアドバイス。

言うは易しですが・・・・なかなかそうならないから苦労しているのです。ハイ。

でもコーチの言うとおりです。まだまだコックが利いてない。身体が開く。身体がスイングよりも先に回っている。まだまだ発展途上もいいところです。

ひたすら練習。それしかないですね。ああ、ヘボゴルフ。神様、いつ僕は100を切れるんでしょうか?
posted by ラッキーメンタイ at 18:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

地獄からの生還

【地獄のゴルフ録】

芥屋ゴルフ場9月24日(月)にKBCオーガスタが毎年行われる芥屋ゴルフ場に行って来ました。果たして結果は?前回が103。思いもかけない練習の成果で・・・もしかしてまた100前後かもとの期待もあったのですが・・・なんと結果は無残な131。

アウト(大門コース) 8、8、6、9、6、5、6、5、7で60
イン(小富士コース) 11、7、4、12、5、11、6、5、10で71

まさに地獄のゴルフ録というか、まったくいいとこなしで終了。

ご一緒させていただいた3先輩からは、「頭がブレてる」、「力み過ぎ」、「フェースをかぶせ過ぎ」などなど、やさしいアドバイスが飛び交い、ますます混乱の度を深めてしまったのです。

ああ〜、ヘボゴルフ、ここに極まる!!! 一体、この4ヶ月の練習はナンだったのかと落ち込んでしまいました。

【クロスする?】

そして迎えた本日のレッスン。真っ先にコーチに報告。「まったく駄目でした。一体、なぜ?」

「両手を前に出して」・・・んんん、何ですか、それ。

「ボクシングのパンチをやってみて」

「両腕とも真っ直ぐに打つ方がいいですか、それともクロスして打つ方がいいですか?」

どっちかというと、「クロスの方がいいかも」・・・と答えたところ、「そのとおり、クロスの方がゴルフもうまくなるのです」

そう、ゴルフのスイングも腰から下と上、肩がクロスするのがいいのです。それを身体でわかるには半年から1年とかかかるのだそうです。

身体で覚えるためには、じゃどういう練習をしたらいいか?

【ひたすら半歩さがって球に向かっていく】

070916ゴルフ練習001.jpgそれは、今までも何度も教わった練習。すなわち、右足を半歩引いてつま先に重心が乗るように前に、前に、ボールに向かっていく。

それしかないのです。身体の重心はテークバックからフォロースルーまでつま先に行くように心がける。

あせらず、ひたすらその練習を繰り返す。あわてず、騒がず・・・・ああ、まだまだ道のりは遠いです。(ため息)
posted by ラッキーメンタイ at 15:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ゆるいグリップ

【直らないスライス】

昨日もゴルフレッスン。もう4ヶ月が終わろうとしているのに未だスライスが直らない。

少しあせりも見え始めてきたヘボゴルファーでした。

そんな中、コーチに言われたとおり左手での素振りを練習していたところ、「ちょっとやり方が違いますね」。

えっ、どういうこと?

【手首のコック】

コーチ曰く、「左手が伸びたままスイングしてはだめ。この練習はゆるくていいから、左手の手首のコックを利かせることが大事なんです。」とのこと。え〜、知らなかった。

そしてもうひとつ。「グリップが硬い。グリップはゆるゆるなんです。そんなに握りしめていると身体が開いたり、スライスしたりします。」
驚愕のアドバイス!! そんなことだったのか・・・・知らなかった。

【軟体動物のように】

スイングはあくまで柔らかく、大きくしないと球は飛ばない。そのためにはグリップも柔らかく握るのが基本なのです。納得。

ついでにコーチによると、プロは試合中に5枚も10枚も手袋を用意して次々と代えていくとか。そうすることで柔らかいグリップでも滑って硬くならないようにするとのこと。それほどグリップは大事なのです。

ゴルフではゴルファーとクラブが接するグリップと、地面とゴルファーが接する靴は特にプロが気を使うところ。したがって、できるだけいいものを使うのだそうです。

ゴルフはホントに奥が深いなあ。
posted by ラッキーメンタイ at 05:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

左足に重心を!!!

【硬いスイング】

土曜日の早朝練習に勇んで行ったら、先輩に会いました。そこで待っていたのは、「教育的指導」。下手なゴルファーを見つけたら、教えたくなる人がそこら中にウヨウヨしているのです。

その先輩の練習仲間が近くに寄ってきて、僕の後ろでスイングを「観察」すかさず、「身体が硬いねえ。」「身体が曲がっていないねえ」とアドバイス。

確かに僕のスイングは腕で打っている、硬いとは思ってましたので、仰るとおりと納得でした。

しかもアドバイスの仕方もうまくて、まあ指導を受けるのも修行のうちと快く生徒になりきりました。

【本物のアドバイス】

しかし、それで終わっていては人のアドバイスを聞くたびに自分のスイングがばらばらになってしまいます。早速、本日のレッスンでコーチに質問。

「昨日、『先輩に身体が硬いからスライスする』と言われました。どうしたらいいですか。」

その一言で、コーチの的確な本物の指導が始まりました。

今回のポイントは、「左足に重心を」です。

どうしても重心が左に移動しないまま打つので、素人は身体が開いてスライスやダフリになってしまうのです。

070916ゴルフ練習001.jpg

その矯正のための道具として長さが普通の半分以下しかないアイアンで練習。このアイアンでしっかり150メートル以上飛ぶようになればちゃんと重心が左に移動してスライスやダフリがなくなるとのこと。(写真にあるようなクラブです。練習方法としては、左足に重心を置くために、右足は少し後退させて打ちます。普通のクラブでもかまいません)

確かに、こんな短いアイアンで打つのは至難の業でしたが、少しずつ慣れてきました。ゴルフスクールではこのような練習を1年させるそうです。

【まだまだ先は長い】

考えてみれば、重心が左に移動していないというのはわかっていたのですが、それがそんなに重大なこととは思っていませんでした。やはり、優秀なコーチについてアドバイスを受けないと、何の考えもなしに練習しても上達はおぼつかないと知りました。

地道に、コツコツと練習する。それしか100を切るための道はないようです。さあ、明日からまた頑張ろう!!
posted by ラッキーメンタイ at 18:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

球を呼ぶ込む?

【一夜明けて】

昨日のコンペでの目標達成の後のレッスン。まだ興奮冷めやらない中で、コーチに先ずはお礼。わーい(嬉しい顔)

さあ、気持ちを引き締めて新たな目標に向かってレッスン受講だ!!!手(チョキ)

と、案の定、昨日の好調なドライバーの当たりはいずこへ・・・またしてもスライスのオンパレードです。がく〜(落胆した顔)

なんでこうなるんだろう?ゴルフは本当に難しいです。その難しさのひとつがコーチの言う腰の使い方。腕とクラブの振りが先ず動いて、後から腰と体全体がついてくるのが正しいスイングなのに、どうしてもそうならず腰と体が先走り、腕とクラブの振りが後になって開いてスライスになってしまうのです。

【球を呼び込む】

そこで再びコーチに質問しました。「腰をどう動かすのかわかりません。もう一度教えてください」と。exclamation&question

タイガーのドライバーショット
そしたら今回は今までとは違う答えが返ってきたのです。それは「球を呼び込む」ということ。

スイングの下手な人は、バックスイングからフォロースルーまで腕が伸びきって、硬くなっているのでどうしても体が開く。

うまくなるには、球を十分に呼び込んでから打ち込むことだというのです。そのために、バックスイングの時には腰は右下を向き、肩が十分に入り込み、球が「呼び込まれてから」インパクト、フォロースルーに至るというのです。

(このタイガーウッズの写真を見ても、バックスイングで手首とクラブが直角になり、十分に頭の後ろまで回って、腰の角度は右斜め下方向になっているのがわかるでしょう。そしてインパクトからフォロースルーの動きを見ると、腕とクラブが先行して体は後についてきているのがわかります。これがプロのスイングなのです。)わーい(嬉しい顔)

「球を呼び込む」というのは、球を使うスポーツではみんな同じ。野球のピッチャーもテニスプレーヤーもバスケットの選手もサッカー選手もみんな球を十分引き付けてから打つのです。まさに球と一体になったプレー。

柔軟な体で無になって球を呼び込む。これこそが上手・下手の分かれ目。なるほどなあ。参りました!!!ひらめき

【日々欠かさない練習】

そしてもうひとつ、コーチのアドバイス。左肩が入り、安定したスイングが出来るようになる最も効果的な練習は、左手で一本でのスイングを繰り返すこと。そうすることで、球を呼び込む安定したフォームのイメージを作り上げることだそうです。一セット10回を毎日三セット必ずやること。

よーし、また頑張るぞ。新たな目標である98のスコアに向かって明日から片手打ちだ!!!手(グー)
posted by ラッキーメンタイ at 19:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

大躍進デビュー!!!

【レッスンの成果】

さあ、今日はレッスンの成果を試す日。パンチ若宮ゴルフクラブでのコンペに初参加でした。

4ヵ月前にレッスンを始めたとき、「105を切るのが当面の目標です」とレッスンコーチに宣言して頑張ってきました。そのときまでは万年120台でした。がく〜(落胆した顔)夢の100台に行けるのだろうかとの不安を抱きつつも、少しずつ進歩している自分にちょっぴり自信もついてきた4ヵ月目。果たして結果は?

な、な、なんと、103でした。イン52、アウト51。わーい(嬉しい顔)

自分でも驚く進歩!! ああ、こんなに早く達成できるなんて。手(チョキ)

【進歩の跡】

進歩の跡は随所にありました。グッド(上向き矢印)

先ず、ドライバー。最初のホールは見事、スライスして斜面に落ちてスコア10を叩く始末。「やや、やっぱりだめか。」と思いつつ、その後は立ち直り、毎回ドライバーが真っ直ぐ、しかもそれなりのしっかりした弾道で飛ぶではないですか。ゴルフコーチの教えどおりでした。腰が回るように、ダウンスイングで。

結局、まったくOBなし。失敗したショットは1回。しかもアウトではドラコン賞まで取ったのです。今までの自分では考えられない成果でした。わーい(嬉しい顔)

次にセカンドショット以降。これもアイアンがかなりの確立で真っ直ぐ飛びました。

そして、アプローチ。なんと13番ホールではチップインバーディも出たのです。

グリーンも好調。あのパターのおかげでした。位置情報

【感謝そして次の目標】

もうコーチに感謝、感謝です。るんるん明日のレッスンでお礼を伝えるつもりです。

俄然ゴルフが面白くなってきました。るんるん

こうなったら、さらなる改善に向けて目標を98に置きたいと思います。きっとこれからが強烈なスランプに見舞われると思いますが・・・

それにしても暑かった。晴れ晴れ脱水症状にならないように、もう水からスポーツドリンクからお茶から絶えず飲んでました。たらーっ(汗)ゴルフで死にたくはないですからね。みなさんもお気をつけくださいね。たらーっ(汗)

《参考》

若宮ゴルフクラブでのスコア

アウト 5、6、7、4、6、5、7、7、4 計 51
イン 10、4、7、3、5、7、5、6、5 計 52 
                     合計102
posted by ラッキーメンタイ at 22:41| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

腰の大切さ

【雨の日の練習】

今日は朝から天気が不安定で、昼ごろになると「ゴロゴロ」っていう雷の音に続いて土砂降りの雨がまるで熱帯のスコールのように降ってきた。そんな中でもいつものように午後1時からゴルフレッスンに出かけた。雨雷

今日も4人という少人数でのレッスン。しかも1人はどうもプロを目指しているような女性が少し離れたところでレッスンを受けていた。猫

まあ、そんなことどうでもいいや。先ずは左手でクラブを振ってウォーミングアップ。これから1時間半みっちり教えてもらおう。わーい(嬉しい顔)

【腰が大事】

今日のレッスンのポイントは「腰の大切さ」。バックスイングのときに腰の位置、特にヘソの部分が前方斜め下を向いているか、腰がしっかり回っているかによってスライスしない、パワーのあるスイングになるというのだ。そのためにヘソの左側にエル字型の赤い棒切れのようなツールをつけて、ちゃんと腰が回っているかを確認すると効果的とのこと。手(チョキ)

あまりにもその道具がスイングの矯正に効果的なもんだから、レッスンコーチが失業してはまずいと製品化は見送られたほどのものなんだそうな。へえ〜。カラオケ

そしてもうひとつ。特にドライバーショットの際にはしっかりとクラブをポールめがけて下に打ち込む練習を地道に続けること。そうすることで力強いドライバーショットとダフリやミスショットの防止が出来るようになるとのことだった。ひらめき

ゴルフは深い。やればやるほど難しくなるゴルフレッスンでした。わーい(嬉しい顔)
posted by ラッキーメンタイ at 20:38| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

集中力の勝負

Ki.jpg

【スランプ続く】


6月からゴルフレッスンに通い始めて早3ヵ月。果たして進歩しているのだろうかと思いながらも、今日も炎天下の打ちっぱなしに出かけて来ました。

昨日夕方に若宮プリンスゴルフ場で9ホール打ったけれど、スライス、チョロのオンパレード。ちっとも進歩していないのか。

ああ〜、苦しいなあ。ふらふら

今日のレッスンでもスライスがなかなか直らない。先生からは「グリップ」とアドレスで指導を受けてひたすらスライス矯正に費やしました。スランプだあ〜。がく〜(落胆した顔)

【集中力】

それでも毎回、勉強になることばかりです。今日の言葉は「集中力」。剣道でも野球でもここ一発の瞬発力、集中力が勝負を決めます。手(グー)

ドライバーでも、ウッドでも、アイアンでも、インパクト前後の集中力、瞬発力の有無がゴルフのうまい下手の分かれ目なのです。パンチ

そしてゴルフでは特に手首のコックが利くかどうかが分かれ目なのです。先生曰く、それが出来るようになるには本当は10年かかるとか。

そげん時間かかったらアカン。もうゴルフやめとるかもしれんし。それにそこまでうまくならんでもよかとです。といいたかったけど、はやり理想の着地点を知ったところで練習せんとうまくはならんと思い、先生に泣きつくのはやめました。わーい(嬉しい顔)

精進あるのみ。今はスランプなのだ。まだまだ3ヵ月。プロだって10年かかるのだ。前向きに考えよう。右斜め上
posted by ラッキーメンタイ at 16:14| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

スィングの肝

【迷い】

もうレッスン始めて三ヶ月。そろそろ迷いがではじめました。
最初の頃は結構当たっていて「これなら3ヶ月もしないうちに百を切れるかもしれない」などととんでもなく楽観的になっていたのですが、そう世の中甘くはありませんでした。

【ドライバーの当たり】

今日も前回に続いてドライバーの練習にいそしんだのですが、前よりも当たらなくなったのです!

相変わらずスライスの連続!!

そこで先生のアドバイス!スイングは手首の返し、コックが出来るかどうかですとのこと。

バックスイングからインパクトまで3段階でコックを利かせる、そしてフォロースルーではフェイスがかぶさり、右手も左手にかぶさるくらいになっているのが正しいスイングだとか。

そして今は「ロフト・ローテーション」といってプロはみんな手首の返しがしっかり速くするのがスイングのパワーアップ、飛距離アップになっているとか。昔とは違うらしいのです。

理屈はともかく、この手首の返し、やってみると相当難しいのです。プロはなんなくやるのですが・・・


また、泣き言言っても始まらない!

よし、また頑張るぞ!!
posted by ラッキーメンタイ at 22:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

いよいよドライバーの練習だ!

【意気消沈】

昨日は車で30分ほどの場所にある「若宮プリンスゴルフクラブ」に4時半に行って、二人で9ホール回って練習しました。

前回、先生と三人で回ったときは相当進歩の跡が感じられたのですが、今回はまったくだめ。ほんのちょっとした先生のアドバイスでもあるのとないのとはこんなに違うのだと愕然としました。

まだまだ先は長いなあ。意気消沈の9ホールでした。

【心機一転】

と言って落ち込んでばかりはいられません。もうゴルフレッスンを受け始めてから3ヶ月近くになります。ただただ前進あるのみ。

今日も灼熱の太陽が照りつけ、おそらく福岡でも37度近くになった午後1時からいつものゴルフレッスンを受講しました。今日も少なくて3人だけでした。

「アイアンや7番・9番ウッドはそこそこ当たってきましたので、そろそろドライバーの練習をしましょう」・・・先生の一言がありました。よーし、心機一転がんばるぞ。

【直進パワー】

hCo[Vbg.jpg
ということで、ドライバー中心に今日は教えていただきました。そのテーマは、「直進パワー」です。打つボールの10センチくらい前にボールがあると頭で描いてそのボールをめがけて打つ。しかもヘッドは内側に回してボールにかぶさるように、かぶさるように上から下にしっかり打ち込む。

そうすることでボールの回転と方向性と直進パワーをつける。

それがテーマでした。スイングは自然にしていてはスライスする。右手首をしっかり回してヘッドをボールにかぶせる。それが直進パワーを生み、フックボールやドローボールが打てるようになるのです。

言葉や理論ではわかっても、なかなか自分でそのとおり打てるようになるのは難しい。
・・・それでもドライバーが少しずつ200ヤード近く飛ぶようになってきました。うれしいなあ。

2007年08月06日

コースでレッスン

【クランク・チェック】

8月初日のレッスン。猛暑の中、1時からのレッスンなので参加者は4人だけ。その分みっちり指導いただくので感激です。

今日も前回同様、クランクチェックがポイントでした。

第一のポイント。胸の位置は常に一定で動かないこと。

第二のポイント。テイクバックとフォロースルーのときに左腕がひしっと伸びていること。

そういう姿勢を定着させるためにクランクチェックをやるとるのことでした。これがなかなか難しい。今までそんな姿勢意識したことないものだから、ついつい癖が出てしまうのです。先は長いなあ。

【打ちっぱなしからコースへ】

ひととおりの練習が終わって、先生と4時からコースに行ってみることになりました。場所は9ホールのパブリックコース「若宮プリンス」。高速道路「若宮インター」を出て直ぐのところにあります。

3人で回ったのですが、これがもう最高! ショットからアプローチ、パット、パンカーショットなどなどひとつひとつ先生のアドバイスをもらいながらの練習。こんなに懇切丁寧に教えてもらったら100が切れるのも時間の問題だ。と有頂天ホテルになってしまいました。
その中でも貴重なアドバイスをいくつか紹介します。

・ドライバーショットの立ち位置が目標とずれていることが多い。

・アプローチショットにサンドウェッジを使う。

・グリーンのアンジュレーションをよく観察すること。


うまい人なら当たり前のことでも知らないことが沢山あってめちゃくちゃ参考になりました。

それにしても先生はやはりうまい。ドライバーは300ヤード近く飛ぶし、アプローチもグリーンもピシッと決めていきます。

もっと早く習ってればよかった!!1





posted by ラッキーメンタイ at 05:52| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

クランク・チェック

【猛暑の中で】

いよいよ、7月も末になり35度近くまで温度が上昇する連日の猛暑続き。そんな中で今日も昼からゴルフレッスンに出かけました。昨日は同じ練習場に早朝練習に行ったところ、近所の先輩と後輩に遭遇。

みんな頑張ってるんですねえ〜。

と、今日はレッスンのスタート時間になっても2人だけ。みんな子供が夏休みに入っていることや猛暑を避けて午前中のレッスンに回したみたいです。よかった、じっくり教えてもらえるぞ。手(チョキ)

【クランク・チェック】

クランク・チェック
今日は人数も少なかったのでじっくり先生からコーチを受けました。そのレッスンの中心はクランク・チェック

写真のとおり、クラブを足元に置いてクランクのようなカタチにしてバックスイングのフォロースルーの時のクラブシャフトの位置の確認をするというもの。プロは練習のときにこれをしっかりやって、球の方向性やフォームをチェックしているそうです。

それから身体が開いていないか、腰や身体がクラブの振りと合致しているか、球が思った方向に飛んでいるかなどチェックポイントはいくらでもあります。

このクランク・チェックをこまめにすることで自分のスイングのイメージを掴む。そうすれば相当スイングが改善するとのこと。

楽しみですねえ。よし、また頑張ろう!!!
posted by ラッキーメンタイ at 15:25| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

いよいよコースで本番!

【いよいよコースへ】

雷山ゴルフ倶楽部

6月にゴルフスクールに毎週日曜日に通い始めて、昨日始めてコースを回りました。

果たして少しは進歩したのかなあ。

会社の先輩・後輩と4人で和気藹々とプライベートゴルフ。

天気は朝小雨は降ったものの、曇りでそれほど暑くもなく絶好のゴルフ日和でした。

9時15分スタートの前に打ちっぱなしで50発ほど8番アイアンと7番ウッドの練習。結構当たるので期待感が高まります。

【結果は?】

しかし、緊張のあまりアウトの1番、2番ホールは空振りはするわ、OB出すわで9、14も叩いてしまいました。ああ〜。

そして結果はアウト64(9,14,7,5,6,5,6,6,6)、イン56(7,8,7,4,6,7,4,6,7)でトータル120でした。日ごろのスコアとあまり変わらず。でもその前が129だったので9打改善。

しかも7番ウッドやドライバーは結構当たってたし、新品のパターでよく入ってたのでよしとしよう。練習の成果はあった!!

さあ、また来週から頑張るぞ!!!
posted by ラッキーメンタイ at 03:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

明日は本番!

【本番を前に】

いよいよゴルフレッスンを始めてから初めてのコースインを明日に控えて、最後の仕上げの練習をしました。位置情報パンチ

またしても8番アイアンと7番ウッド。毎回この2つのクラブしか打っていません。

しかし、またしても、当たらないのです。ふらふら

7番ウッドを何度打ってもトップして、ころり。

時折当たると、今度はスライス。

一体、何で? 先生のアドバイスどおり、肩を入れて打っているのに。がく〜(落胆した顔)

【練習あるのみ】

「身体が動いてないですねえ。もっと全身が回るようにしてください。」
「もう少し肩を入れるようにしたほうがいいですね」

たったこれだけのアドバイスで当たるようになりました。

とにかく身体で覚えていくしかないようです。

練習あるのみ。そして明日に備えよう!!
posted by ラッキーメンタイ at 05:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

7番ウッド指南

打ちっぱなし【レッスン1カ月目の真実】

今日で4回目のゴルフレッスン。果たして進歩しているんだろうかと心配になりつつも、ひたすら打ち続けてすでに1カ月目。まだ目に見えた進歩はないような、あるような。

と思いつつ、先週このゴルフ練習場でトレイナーに勧められて購入した7番ウッド。少しは実践で役に立てようと今日もこの7番ウッドを中心に先生にいろいろ指南を受けることにしました。

ところが今日は昨日の土曜日が台風だったので、レッスンに来れなかった人がワンサと来て先生はひとりひとりに教える時間があまり取れません。仕方なく、手短に教えてもらうことに。

【スライスがまっすぐに!!】

教えていただく前に何度か試し打ちするも、打つ球、打つ球、スライスばかり。ああ〜、やっぱしダメだ。
と悩んでも仕方がないので先生に指導を仰いだのです。ふらふら

そしたら、「もう少しバックスイングからトップにかけて、肩を入れるといいですよ。スライスもしなくなります。」とのアドバイス。

そのアドバイスどおり、肩を入れてショットすると・・・な、な、なんとまっすぐにしかも200ヤード近く飛ぶではないですか!!!

やはり、教えてもらうというのは凄い!!! お金払ってるだけありますね。

【チョロしなくなる!!!】

しばらく打っていると今度はトップしたり、チョロしたり、またまた飛ばなくなりました。

このショットを見て、先生曰く、「ボールを打ち込むようにスイングしてみるといいですよ。」「二打目以降はボールがラフやフェアウェイに埋まっているのが普通。プロを目指す研修生には、ボールを足で埋め込んで打たせます。そうするとボールを打ち込む気持ちで打たないと飛ばない。それがコツです。」
もちろん、そのアドバイスに従ってショットすると、またしても先生の言うとおり、スコーンとボールはまっすぐに飛んでいきました。

さすが!!! 後は自分で身体で覚えていくだけです・・・ハイ!!

posted by ラッキーメンタイ at 19:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。