2008年02月03日

腰とクラブの回転

【コースラウンドの成果】

昨日は雷山ゴルフクラブでプライベートゴルフに行ってきました。スコアは、アウト58、イン56でトータル114。レッスンを受け始める前と比べるとそれほどスコアアップしているわけではありませんが、コースでの各ホールでの内容は進歩が感じられるので自己満足してます。

それでもやはり17番で10打叩いたり、せっかくツーオンしているのにアプローチショットでミスって6打、7打になったり失敗も目立ちました。だから未だ110台でしか回れないのかあ、と反省です。

【大雨の中のレッスン】

そんなコースラウンドの後でのレッスン。気合を入れて大雨の中を練習に励みました。今日も生徒は二人。久しぶりにお会いした中年ゴルファーでした。

今日のポイントは、腰とクラブの回転のタイミング。バックスイングの時にグィと右足を引いて左腰のあたりが相当右まで回します。そしてダウンスイング。この腰とクラブの回転が反発しあうような感じになれば飛球線が中央やや右から左に弧を描くドローボールになるのです。

と何度も説明は聞いているのですが、なかなか身体がついていかない。イメージはわかってもその通りにはならないのです。

【慣れが身体を流す?】

クローズドスタンスそれともうひとつ。このごろアイアンはスライスするよりも左に引っ張ることが多くなったのですが、これはコーチに言わせるとスイングに慣れてきたために身体全体が流れてグリップもつられて流されているために起こっているそうです。矯正するには、小さなスイングをしてグリップを肩幅以内くらいに抑えることとの指導でした。

そして最後に基本に戻ってクローズドスタンスでスライス矯正。

ああ、こっちをやればあちらが立たず。ゴルフは本当に難しい。

posted by ラッキーメンタイ at 19:08| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。