2007年10月22日

クラブの構え方

【コーチが違う?】

今日も懲りずにゴルフレッスン。午後1時。いつものコーチかと思ったら、今日はいつものコーチは所用で来られず、別のコーチが初めて来られました。レッスンの生徒は3人。日曜日の午後1時から2時半と時間帯が時間帯なので生徒は少なく、それだけ少人数でしっかりと教えてもらえるのがいいですね。そして別のコーチにスイングを見てもらうのもいいのかも知れません。わーい(嬉しい顔)

【身体の開き】

そのレッスンのポイントは?身体が開いてスライスするのを防ぐための練習方法でした。

僕のスイングはどうしてもアウトサイド−インになりがちで、しかも振り遅れによるダフリやらトップが多いとのこと。

それを直すためには、インサイド−アウトに意識的に持っていき、トップからすぐに手首のコックを利かせて振り下ろし、ボールを叩きつけるようなスイングをすること。
練習方法としては、両足をくっつけてやると左足が軸足になってスイングに集中できるとのことでした。さっそくやってみました。

そしてもうひとつ。スイングの構えの際、両腕が突っ張って硬くなっているのはよくないとのことでした。

これもボールの手前にクラブヘッドを持ってきて、エッジが手前から半分くらいが地面に少し接し、トウが少し浮き上がる程度に構え、シャフトと腕は130度くらいの角度になっているのがいいとのことでした。・・・・知らなかったなあ。がく〜(落胆した顔)

これからは今日習ったことに注意して練習しよう!!


posted by ラッキーメンタイ at 07:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61826990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。