2009年01月12日

スイングが大きく改善! その秘訣は?

【寒風の中の練習】

昨日の日曜日も寒風の吹く中、ゴルフレッスンに行ってきました。昼1時からのコースの現在の生徒数は3人。ちと寂しいですが、去年の今頃は僕ひとりで受講していたこともたびたびでした。

寒い中をコーチと二人でスイングの改善に挑む姿。なんか、プロみたいですが、中身はそれほど次元の高いものではないのがヘボゴルファーのスイングでした。

でも、今回は違います。二年前の6月から始めたゴルフレッスン。すでに1年半以上が経過して、遅々として進歩が見えなかったヘボゴルファーにも僅かながら改善の兆しが見えてきたようです。

【まっすぐに飛ぶぞ?】

というのも、今日のレッスンではどのクラブを振ってもかなり正確にドローボールが打てるようになったのです。いやー、うれしかったですね。

では、それはなぜか?

それは、コーチのひとことアドバイスがきっかけでした。

「構えるときに目線を斜め下にして(ただし、左目でボールを見る)、顔を少し右向きにすることで、スイングするとき顔で左肩に当たらず、身体全体も前向きになり、ドローボールにつながります。」

まさにそのとおり。今までもそういうアドバイスを受けていたのですが、ようやくその意味がピタッと身体にもはまりました。

なにか、目から鱗というか、ピタッとはまったのです。

継続しているとこういう瞬間が来るから楽しいですね。語学の練習も同じです。ある期間が過ぎると、コップの水が溢れるように、何かが弾けて次のステップに進むような体験です。

よし、今年は100を切るぞ!!!!!

posted by ラッキーメンタイ at 08:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112490392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。