2008年03月30日

手首の返し

【土砂降りの中】

3月最後の日曜日のレッスンとなった今日、30日。朝から大雨。13時からのレッスンの時も雨は降り止まず、どんどんひどくなりました。

でも、雨の日曜日だと何も出来ずにぶらぶらすることが多いので、ゴルフのレッスンが出来ることは幸せです。

さあ、今日も頑張ろう!!!!

【ドライバーのスライス】

それにしてもここ数ヶ月はドライバーのスライスが一向に直らず、いささかあきらめ気味になっていました。

そこで再び先生に質問。

「アイアンはそこそこまっすぐ飛ぶのに、なんでドライバーはこんなにスライスするんでしょうか?」

先生の答え。

「先ずは、手首の返しが出来てないことが原因のひとつ。手首を返すのがバックスイングの早い時期からでないと、スライスします。」

「それから、やはり身体がクラブに引っ張られていて、タイミングがどうしてもずれて身体がインパクト直後から開いてしまっています。」

その通り。先生がやるとはっきりとわかるのです。ああ、まだまだ修行が足りないなあ。プロでも身体の開きを直すだけでも1年も2年もかかることもあるとのこと。僕は甘いのです。反省。

さあ、また一から出直しだ。
posted by ラッキーメンタイ at 19:40| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

軸足固定とスタンバイ

【雨の中】

先週所用があって欠席したので、ほぼ二週間ぶりのゴルフレッスンに出かけた日曜日。来ているのは自分も含めて二人でした。わーい(嬉しい顔)いつものアイアンに執念を燃やす中高年の生徒さんです。

外は大雨。うっとうしい限りでしたが、こういうときこそ他には何も出来ないのでゴルフレッスンは楽しみです。

さあ、今日はどんなアドバイスが・・・・るんるん

【基本に戻る】

コーチのアドバイスは、今までにも何度も聞いてはいるもののなかなか実践できていない基本の動作でした。

1. 左足を軸足としてきちっと固定して打つこと。そうしなければフックしたり、スライスしたりスウィングがいつまでたっても固定しない。

2. スイングする際に、クラブと腕と胸(身体全体)の動きを一致させること。胸と腕がちぐはぐになるとスライスしたり、フックしたり不安定になってしまう。

3. スイングのタイミング。身体を構えて、スイングの準備をして、「さあ、打つぞ」という構えをすること。野球でもテニスでもみんなその「タイミング」を身体で覚えている。少し、右足を引いて身体全体を引き気味にしてスパッと打つ。

4. それらを総合したうえで、何度も何度も同じ目標地点に球が飛んでいくように練習を続けることしかない。


とのアドバイスを受けました。納得。
posted by ラッキーメンタイ at 21:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

基本に戻れ!!!

【昨日のラウンド】

朝からすがすがしい晴天晴れに恵まれた土曜日、会社の上司や仲間とプライベートゴルフに出かけてきました。朝は少し冷え込んだものの、その後は気温も上がっていい気分でラウンドすることができました。ゴルフ

そして結果は?少し進歩の跡は見えたものの、トータルは119といつもと変わらずのスコアで終わってしまいました。ただ、アウトは55だったので少し希望を持っていたのですが、後半ガタガタと崩れあえなく撃沈。最終ホールのロングでパーを出したのがせめてもの救いでした。手(チョキ)

反省点は、アプローチショットとグリーン。

仲間と自分の違いを見ていると、アプローチで正確なショットが打てない自分が一打、二打ロスすることが多く課題を残しました。それからバンカーショット。3発も失敗したバンカーショットもありました。

【そしてレッスンへ】

雨の中のレッスンそして、その反省を胸にレッスンへいざ出陣。車(セダン)小雨の降る中を10人近い人が参加してました。雨先週に比べても大幅な増加。みんな温かくなってきたのでそろそろ練習でもと思ってきたのでしょう。

そんな中、今日もスライスを矯正すべくサンドウェッジから始まって9番・8番アイアンで慣らした後、ドライバーの練習。

しかし、、、、いつものとおりスライス。がく〜(落胆した顔)

「どけんかせんといかん」と思い、先生にアドバイスを求めました。

【身体が回っていない!!!】

問題は、バックスイングに入るときに身体が相変わらず右前方に向かずに、腕だけで打っていること。しかも、ショットの後に身体が開くので大きなスライスになるとのことでした。

直すためには、基本に戻ること。

すなわち、右足を引いてクローズド・スタンスにして、胸と両手首とクラブヘッドが三角形になり、すべて一緒に動くように練習することと指導を受けました。そして出来るだけバックスイングに入るときに右肩を深く入れて身体を回すこと。

そうするとアイアンではかなりまっすぐ飛ぶのですが、ドライバーはまだまだスライス・・・・ああ、スランプだあ。
posted by ラッキーメンタイ at 15:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

腰のひねりとドライバーショット

【春一番】

今日は雲ひとつない晴天のもとでの練習となりました。晴れ一週間に一度の練習だけど、一歩一歩成長していくという期待感があって今では欠かせない日課となっています。

それに加えて今日みたいな晴天になるとウキウキしてしまいますね。ただ、風は結構強くてまさに春一番という感じでした。グッド(上向き矢印)

そんな中、今日の生徒は僕を入れて7人。温かくなってくると生徒も増えてきました。

【肘の痛みとスライスと】

それにしても、相変わらず直らない肘の痛みとスライスには少しイライラが募ります。今日の練習もサンドウェッジでアプローチショットの練習から始めたのは肘の痛みを少しでも和らげるためでした。ふらふら

そして30分くらいしてからはドライバーショットの練習に切り替えました。

しかし・・・・相変わらずスライスの連続。練習の成果がなかなか出ない自分に腹を立てつつ、コーチにそのわけを尋ねました。

【腰のひねりとスライス】

返ってきた答えは、いままで何十回とコーチから指導を受けたことでした。

すなわち、腰とクラブの回転のタイミング。バックスイングの時にグィと右足を引いて左腰のあたりを相当右まで回すのです。そしてダウンスイング。この腰とクラブの回転が反発しあうような感じになれば飛球線が中央やや右から左に弧を描くドローボールになるという指導でした。がく〜(落胆した顔)

その通り。ダウンスイングの腰の向きは右前方斜め下なのです。そのことをすっかり忘れていました。


また初心に戻って右足を後ろに引いて、何度も何度もドローボールになるように練習しよう。落ち込んだ気持ちを奮い立たせて、そう決意しました。手(グー)

というのも以前からアイアンばかりを練習していたオジサンがドライバーでも結構まともに飛んでいたのを見て愕然としたからです。ああ、基本に忠実な人は必ず飛ぶようになるんだ。自分も頑張らなくてはと。わーい(嬉しい顔)
posted by ラッキーメンタイ at 20:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。