2007年12月24日

アプローチショット

【今年最後のレッスン】

12月23日は今年最後のレッスンとなりました。参加した生徒は僕と30代と見える男性の二人でした。

その人はドライバーにしてもアイアンにしても結構、型が決まってきていてよく飛んでました。

僕はというと相変わらず、ドライバーはちょっと油断すると右に大きくスライスするか左に大きくフックするか。ああ、まだまだ先は長いです。

でも、今年6月に始めたゴルフレッスン。ちょうど半年通いましたが、それなりにドライバーも当たるようになり、やっぱりレッスンを受けてよかったとコーチに感謝しています。

【アプローチショットの指南】

ということで、日曜日は翌日のゴルフラウンドに備えてアプローチショットを習うことにしました。

50ヤードくらいまでのアプローチはサンドウェッジを使うといいとのこと。これは知らなかったです。

アイアンのヘッドが右足の踵のところに来るようにして、スイング。基本的には身体がのけぞらないようにショットするのですが、ドライバーと同じですね。アプローチショットとドライバーがうまくいくようになればゴルフは相当上達した証拠とのこと。

まさにそのとおりでした。月曜日にゴルフに行ってすかさず実践しましたが未だ思ったとおりにはできませんでした。しかし、それでも大分改善しました。

スコアはアウト57、イン57でトータル114.また来年がんばろう!!!こんどは100〜105を目指すぞ!!!
posted by ラッキーメンタイ at 18:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

シコを踏んで下半身強化

【土曜日のラウンド】

12月15日はプライベートゴルフに福岡雷山ゴルフに出かけました。8時33分スタートだったのですが、例によって7時20分ころにはゴルフ場に着いて練習場で練習。ゴルフゴルフ

ドライバーの当りはそれなりによく、これで勝負に臨めば100〜110くらいではいけるだろう。そういう期待感でいざ出陣!!

結果は? アウト12ホールでショートホール、バーディという金星付でイン53、アウト52のトータル105。ようやく人とラウンドしてあまり恥ずかしくないスコアになってきました。

しかし、不満もいっぱい。特に後半はあのバーディ以外はドライバーが全く当たらず、ボールの頭を叩いたり、ダフリの連続。

【レッスンで矯正?】

そんな土曜日のラウンド結果をコーチに話したところ、三人の生徒を前に熱心な講義が始まりました。

「ひととおり、みんな打てるようになってきたので、ここでアドバイス。」「みんな腰が安定していない。腰の骨のあたりでダウンスイング時とフォロースルー時にしっかり腰でブロックが出来ていないと球はまっすぐに飛ばないのです。」

「特に中高年になると、ラウンドの後半になると体力がついていかなくなり身体が開いてくるのです。」「だから腰が出来てないと直ぐにヘッドアップやらダフリの連続となるのです。」


ではどういう練習でそれを防ぐか。

ひとつは相撲のシコを踏むようなポーズで、クラブを短く持ってスイングすること。

もうひとつは、右足を引いてスイングすること。

そうすることで背骨の軸が出来て、腰とともにスイングが安定するのです。

なるほど、わかるけど相当練習が必要みたいです。精進、精進。わーい(嬉しい顔)
posted by ラッキーメンタイ at 21:02| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

バンカーショット

【今年も終盤】

バンカーショット

今年もあと3週間ほどになってしまいました。ゴルフをレッスンプロに習い始めてからすでに7ヶ月目に突入し、そろそろ成果も期待し始めた今日この頃です。

しかし、現実はそう甘くなく昨日のコンペでは、なんと124も叩いてしまいました。なんの進歩もなしか。がく〜(落胆した顔)

特にグリーン周りやバンカーショットでミスばかり。考えれば当たり前です。そんなショットはほとんど習ってませんでした。

【バンカーショットのポイント】

そこで本日は生徒がたった二人だったので練習場脇のバンカーでバンカーショットを習うことにしました。そのポイントは?手(チョキ)

1.先ず手前の砂にラインを引いて、ラインの真上の砂を目標に手前からショットしてみること。それがダフることなく出来るようになるのが先ず基本。

2.次に足とボールの位置は三角形になるようにポジィションを取る。フェースは開いて、クラブは体の向きと平行に振り抜くこと。普通のショットでは駄目。フェースの開き具合はどれくらい球を上に上げるかで違ってくる。

3.練習はバンカーのダウンサイドでやるのがいい。斜面がアップしているところに球があるときは出やすいが、斜面が下がっているところにある球を打つのが難しいから。

4.砂はきちんと整地してから練習すること。凸凹だと練習にならない。

と、言ったところでした。プロでもバンカーの練習に一日費やす人もいるとか。それほど集中してやんないとなかなか旨くならないもの。

ましてや「失敗するのでは?」とビクビクしてたらミス間違いなしです。ああ、先は長いなあ。ふらふら
posted by ラッキーメンタイ at 04:48| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。